フリーダイヤル:080-111-4040

[受付時間]9:00~18:00(土・日・祝日を除く)

特定商取引法に基づく表記

医薬品販売に関しての表示業務

店舗販売業の管理及び運営に関する事項

店舗の名称 すこやか薬品
店舗外観
店舗の所在地 福岡県福岡市博多区博多駅前3-16-10 興産ビル7F
許可番号 店舗販売業(第9302008号)
有効期限 平成30年8月27日から平成36年6月30日まで
開設者 株式会社 すこやか自慢
管理者 藤野 明日香
勤務する者の資格区分・担当業務 【資格区分】登録販売者
【担当業務】医薬品の発注業務、医薬品の品質・保管管理
情報提供、緊急時の対応、購入者からの相談対応、医薬品の情報収集
勤務する者の名札等による区別に関する説明 登録販売者/「登録販売者」の名札
勤務者のシフト表 PDFこちらよりダウンロード
取り扱う一般用医薬品の区分 指定第2類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品
陳列する医薬品の使用期限 PDFこちらよりダウンロードしてください
営業時間 平日 9:00~12:00 13:00~18:00 (土日・祝日休み)
相談時の連絡先 0120-181-777
その他の連絡先 092-433-7701

特定販売について

販売方法の概要 電話販売、カタログ販売、インターネット販売、チラシ
主たるホームページのアドレス http://sukoyakajiman.net/
広告に表示する店舗名と異なる名称 すこやか自慢

一般用医薬品の販売に関する制度に関する事項

■OTC医薬品※分類について
※OTC医薬品とは「一般用医薬品」、「大衆薬」ともいわれ、処方箋なしで薬局・薬店で購入できる医薬品のことで、薬事法(現:医薬品医療機器法)により次のように分類されています。

要指導医薬品 劇薬と医療用医薬品から一般用医薬品になって3年以内の医薬品
第1類医薬品 OTC医薬品としての使用経験が少ない等、安全性の観点から特に乳井が必要な成分を含む医薬品
第2類医薬品 健康被害の生じる可能性がある成分を含む医薬品
※第2類医薬品のうち、特に注意を要する医薬品は、指定第2類医薬品として指定されています。
第3類医薬品 副作用リスクが比較的低く、日常生活に支障をきたすほどではないものの、身体の変調・不調の起こるおそれがある医薬品

表記するOTC医薬品のリスク区分ごとに、「要指導医薬品」、「第1類医薬品」、「指定第2類医薬品」、「第2類医薬品」、「第3類医薬品」の文字を記載します。なお、サイト上では、指定第2類、第2類、第3類の順に別々に表示します。

■リスク区分について
一般用医薬品はリスク区分に応じて、情報提供者及び相談応需の義務・努力義務があり、対応する専門家が決まっています。

リスク区分 情報提供 相談応需 対応する専門家
要指導医薬品 義務 義務 薬剤師(対面のみ)
第1類医薬品 義務 義務 薬剤師
指定第2類医薬品 努力義務 義務 薬剤師又は登録販売者
第2類医薬品 努力義務 義務 薬剤師又は登録販売者
第3類医薬品 不要 義務 薬剤師又は登録販売者
要指導医薬品 情報提供: 義務 相談応需: 義務 対応する専門家: 薬剤師(対面のみ)
第1類医薬品 情報提供: 義務 相談応需: 義務 対応する専門家: 薬剤師
指定第2類医薬品 情報提供: 努力義務 相談応需: 義務 対応する専門家: 薬剤師又は登録販売者
第2類医薬品 情報提供: 努力義務 相談応需: 義務 対応する専門家: 薬剤師又は登録販売者
第3類医薬品 情報提供: 不要 相談応需: 義務 対応する専門家: 薬剤師又は登録販売者

指定第2類医薬品を購入、又は譲り受けようろされる場合は、薬剤師又は登録販売者にご相談下さい。

■副作用被害救済制度についれ
医薬品を適正に使用したにもかかわらず、入院が必要な程度の健康被害について救済給付される制度です。
詳細はお問合せ下さい。
被害の救済を図る「医薬品副作用被害救済制度」という公的制度があります。

【給付対象】
○医薬品を適正使用したにもかかわらず生じた副作用
○副作用による疾病(入院を必要とする程度のもの)、障害(日常生活が著しく制限される程度の状態のもの)及び死亡
○給付制度の期限が過ぎていない副作用

詳しくは下記連絡先へ直接ご相談下さい。

(独)医薬品医療機器総合機構

フリーダイヤル:0120-149-931
ホームページ:http://www.pmda.go.jp/kenkouhigai.html

[受付時間]9:00~18:00(土・日・祝日を除く)

〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-16-10